トップページ >  クリニックからのお知らせ

在宅血液透析

クリニックからのお知らせ

新生“坂井瑠実クリニック”誕生!

かねてより工事中であった御影にある坂井瑠実クリニック(本院)の増築棟“東館が、”このコロナ禍の最中、一年がかりで完成しました。この工事も鹿島建設様にお願いでき、予想どおりの素晴らしい新生“坂井瑠実クリニック”が誕生しました。1Fは外来及び透析室(47床)、2Fは入院病棟及び管理棟、3Fはオーバーナイト透析室(37床)で、快適な透析をしていただくように配慮したつもりです。

かねてからお話しさせていただいているつもりですが、残腎機能がなくなってしまった方々(よほど年配の方ならともかく・・・)が合併症なしに当たり前の寿命まで元気に生活をしていただくには週3回4時間の透析では不十分です。透析回数、時間はいつでも相談に乗りますが、オーバーナイト透析、在宅血液透析(HHD)、リミティドケア透析・・・これは、介助者がいない場合在宅血液透析は許可していませんので、本人が自分の都合の良い時間に来院(予約制)、原則、患者さんご自身が、自己穿刺をして、自分で透析を行う方法で、海外では広く普及しています・・・等々十分透析をしていただけるツールを用意しています。ご相談ください。透析療法は皆さんの意識にかかっています。

申し訳ありませんが「本山坂井瑠実クリニック」は9月30日をもって閉院させていただきました。

患者さん、スタッフともに力を合わせて、当たり前の寿命を、当たり前の元気さで過ごすことが出来る透析を実践していきたいと思います。自分の透析は、他力本願でなく自分で考えて下さい。坂井瑠実クリニックでは東館を合わせて透析ベッド150床あまりと大きくなりました。長時間透析(一回が長いだけでなく、隔日透析・週4回透析、オーバーナイト透析、在宅血液透析をはじめ、介助者の問題で在宅患者さんが自分で考える透析をサポートできるリミティッド透析多様な透析を試みていきたいと思っています。大きくなりました。

坂井瑠実クリニック 新館完成!