トップページ > 在宅血液透析について

在宅血液透析について

坂井瑠実クリニックでは、2005年から在宅血液透析(Home Hemo-Dialysis;HHD)を開始しています。

HHDでは患者さんのほかに透析を手伝ってくれる介助者(ご家族)が必要で、患者さん一人ではHHDはできません。

方法としては、施設で使っている透析装置と同じものを自宅へ持って行き患者さんと介助者で透析をします。

最近では、HHDを選択する患者さんが増えて、全国では2013年12月末で461名の方がHHDを行っておりま す。

当院では62名の患者さんが HHDを行っております(2016年7月末現在)。

透析回数は週3.5回〜7回(毎日)、透析時間は3時間〜8時間と様々です。これは、患者さんが自分の仕事・プライベートのスケジュールの中から、自分が透析を行える時間帯・回数・時間を考えて予定を組んでいるからです。

当院では最低限、“2日空きを作らない”ということを守って頂ければ、週に何回、何時間透析をしても構わない(短いのはダメです!!)という自由なスタイルでHHDを行っています。